2006年11月13日

島根のがんサロンをネットワーク化

島根県内9カ所に開設されているがん患者の交流拠点・がんサロンが、ネットワーク化に向けて動きだした。がんサロンの普及自体全国的に珍しいなか、全サロンが結束を強めて、医療情報の共有やがん対策の推進を目指す。本年度中にNPO法人申請する予定で、島根発の先進的な取り組みとして注目されそうだ。
(山陰中央新報より引用 詳しくはコチラ
タグ:がんサロン
posted by inazo_ at 01:53| ⛄| Comment(1) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武田、がん治療など抗体医薬で米VBと研究開発

武田薬品工業は米バイオベンチャーのゾーマ(カリフォルニア州)とがん治療などに使う抗体医薬の研究開発で提携したと発表した。ゾーマが持つ独自の抗体製造技術を活用し、がんやリウマチ治療薬などを研究開発する。武田は抗体医薬の強化戦略を打ち出しており、今春には豊富な抗体を持つカナダのバイオベンチャーと提携している。
(NIKKEI NET いきいき健康より引用 詳しくはコチラ
posted by inazo_ at 01:49| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプリメント:がん患者の利用 過信せず賢く付き合おう−−大阪でシンポ

がん患者がサプリメント(健康補助食品)を利用する場合、どういう知識、心構えが必要なのか−−。現代医学を補完する療法を研究する日本補完代替医療学会(事務局・金沢市)が、こんなテーマのシンポジウムを大阪市内で開いた。サプリメントを過信せず、賢く付き合うことが必要のようだ。
(毎日新聞より引用 詳しくはコチラ
posted by inazo_ at 01:45| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国会がん患者と家族の会:がん対策を進め、国を動かす力に−−超党派の会設立

がんと闘っている国会議員と家族が集う、初の超党派組織「国会がん患者と家族の会」が1日、設立総会を開いた。与野党の衆参議員や議員秘書約100人が会員となり、6月に議員立法で成立した「がん対策基本法」の後押しと、日本のがん医療水準の向上に取り組む。
(毎日新聞より引用 詳しくはコチラ)
posted by inazo_ at 01:40| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モズクにがん抑制効果 フコイダンが転移を阻止

モズクの主成分フコイダンにがん細胞の転移を阻止する効果があることが分かった。29日に横浜で開催された第65回「日本癌(がん)学会学術総会」で、シーズ(浦添市、前田すえこ社長)と共同研究を進めていた岡山理科大臨床生命科学科の浜田博喜教授らが学術論文で発表した。
(琉球新報より引用 詳しくはコチラ
タグ:フコイダン
posted by inazo_ at 01:28| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。