2006年10月22日

がん治療先端施設誘致検討

ヘルスケアマネジメントなどを手掛けるウエルネス・フロンティア・センター(東京都、山下正幸社長)が、患部を切らずにがん治療ができる革新的な「重粒子線治療」の施設を県内に誘致する可能性を検討していることが11日、分かった。実現すれば、県民のがん治療の選択肢が増えるだけでなく、全国から集まるがん患者やその家族が滞在する健康保養型観光の推進、県内医療機関の技術向上や人材育成など期待される効果は大きい。県民や経済界の支持を得て、今後県に働き掛け、誘致活動を本格化させる方針。
(沖縄タイムス経済ニュースより引用 詳しくはコチラ)
posted by inazo_ at 11:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。