2006年10月29日

がん患者:世界初、学会を設立 克服した患者の体験から学び、共通項探って医療改革を

がんを克服した患者の体験から学ぶ世界で初めての学会「日本ウェラー・ザン・ウェル学会」が21日、設立される。治ったがん患者の体験を免疫学などの専門家が分析し、共通項をあぶり出すのが狙い。死に直結する病という、がんの暗いイメージを変えて生活習慣病として位置づけ、患者側から現代がん医療の変革を目指す。
(毎日新聞より引用 詳しくはコチラ)
posted by inazo_ at 16:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26409854

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。