2006年11月16日

市民セミナー <広島/仙台> 『がんの痛みをやわらげるためには 〜疼痛治療について』

広島会場

◇日時◇
11月25日(土)13:30〜15:30(開場13:00)

◇会場◇
広島YMCA「国際文化ホール」

◇講演/講師◇
1:「がんの痛みをやわらげるためには」本家好文氏
2:「痛み止めとの上手な付き合い方」松浦麻里子氏    

◇定員◇
285名/参加無料〜応募制:多数の場合は抽選


仙台会場

◇日時◇
12月9日(土)13:30〜16:00(開場13:00)

◇会場◇
ハーネル仙台「蔵王」

◇講演/講師◇
1:「がんの痛みをやわらげるためには」日下 潔氏
2:「がんの痛みとの接し方、上手な伝え方」赤井聖子氏

◇定員◇
180名/参加無料〜応募制:多数の場合は抽選


【応募方法】
※広島・仙台共通ですが、締切日が異なります。ご注意下さい。

はがきまたはFAXでご応募の方
希望会場名、郵便番号、住所、氏名、性別、がんの痛みについての質問があれば記入し下記宛ご応募ください。
<宛先>
〒143-0002 東京都大田区城南島2-9-11 ティ・ウェーヴ株式会社内
「JPAP広島(または仙台)セミナー事務局」
FAX:03-3790-2283(TELも同じ)

メール応募・詳細はこちらから
http://www.jpap.jp/gen/seminar/news01.html

応募締め切り 広島:2006年11月16日(木)
         仙台:2006年11月24日(金)
タグ:疼痛治療
posted by inazo_ at 02:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27568874

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。