2006年11月19日

治療法を求めて

神奈川県の中村忠雄さん(60)=仮名=は二〇〇〇年に肝臓がんとわかって以来、標準的な治療に加え新薬の治験に参加したり、民間療法なども取り入れている。最初は東京都内の大学病院でラジオ波でがんを焼く治療を受けたが、焼き残しがあった。「医師は機器メーカーの社員に使い方を聞きながら治療していた」と打ち明ける。
(東京新聞より引用 詳しくはコチラ
posted by inazo_ at 03:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27779119

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。