2006年11月19日

小児がん専門病院建設へ、NPO法人設立

近畿の小児がん患者の家族や専門医らが、国内初の小児がん専門病院建設に取り組むNPO法人「チャイルド・ケモ・ハウス」(理事長=楠木重範・大阪大医学部付属病院医師)を設立した。抵抗力が落ちて、兄弟や友人との面会を禁止される患者や付き添いの家族、激務が続く医療スタッフらのQOL(生活の質)向上を重視して、長期の化学療法に重点を置く。08年までに大阪府内に病院を建設し、国内初のモデル的な医療体制を目指す。
(毎日新聞より引用 詳しくはコチラ
タグ:小児がん
posted by inazo_ at 03:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27779507

この記事へのトラックバック

小児のがんーTARGET
Excerpt: 標的癌治療は爆発的な進展をみているにもかかわらず、これらの進歩は成人の癌の治療に限られている。しかしながら、小児の癌における治療法の開発の必要性は深刻である。この数十年間、転帰の劇的な改善は減速してお..
Weblog: 癌の情報Tips
Tracked: 2007-01-08 21:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。